マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)

マイクロソフト製品に関する技術的知識を認定する資格です。

職種・業界:

MCP

資格の種類:
試験方法 :
受験資格 :
受験申込日: 随時(試験日の3営業日前まで)
試験実施日: 随時
合格発表日: 随時(試験終了時)
受験地  : 全都道府県
取得方法 : 試験合格
有効期限 : 生涯有効(※MCSAの場合)

【メリット】社内評価★★☆  こんな資格

 「ウィンドウズ」や「ウィンドウズ・サーバー」などの、マイクロソフト社の製品に関する技術的知識レベルを認定する資格です。
 資格体系は多少複雑で、初級レベルの「アソシエイト(MCSA)」、スタンダードレベルの「エキスパート(MCSE)」「デベロッパー(MCSD)」の3つに分類され、MCSAの場合であれば、「Windows Server」「SQL Server」「Windows」といった具合に、製品毎にさらに細かく区分されます。
 資格を取るには、資格区分ごとに決められた複数の試験に合格する必要があり、初級レベルのMCSAの試験は誰でも受験できますが、上位レベルを受験するためには、下位レベルの資格取得が前提条件となります。
 マイクロソフト社の製品は世界中の企業に導入されていますので、MCSEやMCSDの資格があれば、システム開発などのIT関連企業では一定の評価を得ることができます。また、これから企業の情報システム部門やIT関連企業への就転職をめざすのであれば、MCSAでも十分アピールできます。このほかに、MCPへの入門的な位置づけの資格として、マイクロソフトテクノロジーアソシエイト(MTA)があります。
 なお、MCSAには資格の有効期限はありませんが、MCSEは3年、MCSDは2年の有効期限があり、資格を継続するためには再認定試験の受験が必要となります。

【専門性】知識★★☆  こんな試験

 試験はCBT方式(コンピュータを使った試験方式)で行われ、クリックして正解肢を選ぶ多肢選択問題が中心ですが、一部の試験ではシミュレーションテストというものも導入されています。
 合格基準は、正答率が70%以上など、試験ごとに定められていて、試験を開始すると画面上で確認することができます。
 なお試験に不合格の場合、2回目の再受験はすぐにできますが、3回目以降からは、前回の試験から14日間は受験できません。

【目安】費用3~50万円(※MCSAの場合)こんな勉強

 エンジニアやプログラマーなど、IT関連業務の実務経験がある場合は、市販の教科書や問題集を使っての自学自習が一般的な勉強方法になります。
 また、実務経験はなくても、自宅に実機環境があれば、市販の教科書や問題集の内容を、実機で確認しながら勉強することができます。
 そうした実務経験や実機環境がない場合は、マイクロソフトユニバーシティ(MSU)と呼ばれるオフィシャルトレーニングセンターへ通うのが効果的です。MSUは、パソコンスクールなどが認定を受けていて、その大半は試験会場にもなっているため、受験の上でもメリットがあります。

参考書・問題集
  Amazon(本)
スクール
  資格取得ならKENスクール

試験概要

◆主催団体
  マイクロソフト社
◆資格体系
●マイクロソフト認定ソリューション アソシエイト(MCSA)
Windows Server/SQL Server/Windows
●マイクロソフト認定ソリューション エキスパート(MCSE)
Private Cloud/Data Platform/Business Inteligence/Server Infrastructure/Desktop Infrastructure/Messaging/Communication/SharePoint
●マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー(MCSD)
Windows Store Apps/Web Applications/Application Lifecycle Management
●その他
◆合格基準
非公開(※試験ごとに異なる)
◆合格率
非公開


 
    ステップアップするなら
 
    他の資格と比較するなら
マイクロソフト認定資格プログラム(MCP)
    ステージを広げるなら
 
    基礎から学ぶなら